バナナでダイエットをする方法があるの!?

バナナでダイエットをする方法

「バナナ」の画像検索結果"

ダイエットのためにバナナを活用する方法があります。

どうして効果があるのでしょうか。

 

ダイエットにバナナを使うのは、多くの栄養が豊富で植物繊維の多く含む食材でありながら、低カロリーだからです。

 

消費するカロリーより摂取するカロリーを増やすことがダイエットで目指すところですから、たくさん動くか、あまり食べないかになります。

ですが、何事も極端はよくありません。

 

極限まで食事の分量を少なくしたり、長時間の激しい運動を続けてはよくありません。

 

負担が大きいばかりのダイエットを続けてはストレスが溜まる一方です。

 

カロリー調整を上手に行うことがダイエットの鍵となります。

 

このような難題をうまくクリアしてくれる便利な食材が、バナナというわけです。

 

「バナナの栄養」の画像検索結果"

バナナは少ない割には高カロリー食材という印象が強く、病人や運動をした人がちょっと食べるのにいいとされています。

ですが、それほどバナナのカロリーは多くないのです。

 

バナナに含まれている多種の糖質により、エネルギーが長時間供給されるため、病気の人や運動をする人によいとされるわけです。

 

バナナは体力の落ちた時や運動前にはうってつけの食材ですが、それはバナナに含まれている糖類がエネルギーとなるタイミングの違いからくるものです。

 

また、様々な栄養が含まれている点もバナナのメリットで、バナナは食物繊維やカリウム、マグネシウム、ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、葉酸などを含みます。

 

バランスの取れた食生活を元に計画的にできるバナナダイエットはいい方法といえます。

 

ダイエットのバナナはいつ食べるのか

「いつ食べる」の画像検索結果"

朝バナナダイエットとは、朝食時にバナナを食べてダイエットができるという、ダイエットの中でも結構話題になっているダイエットです。

 

食べるだけなら1日のどんな時間でも構わないのかもしれませんが、バナナを食べる時間を朝にしてある意味があります。

「朝ごはん 重要」の画像検索結果"

朝食をとらない人は、午前中、頭の働きが悪く、体の動きも悪いという結果が出ているそうです。

朝食は1日の活力源といいます。

 

夜、休んでいる間もエネルギーは消費されるため、体のためにも起床後にきちんとエネルギーを取らなければいけません。

ダイエット中であれ、それ以外であれ、朝食を食べることは体調維持にも必要です。

 

朝バナナを食べることによって、低カロリーで抑えられますし、十分な栄養を摂ることができます。

 

バナナ1本が約86キロカロリーで、腹持ちも良いので、カロリーをコントロールしなければならないダイエットにはピッタリの食品です。

 

ポイント
バナナは7割が水分であり、食べることにより水分も補給できます。

 

 

バナナの食物繊維の働きで、便秘を解消してくれます。

便秘はダイエットの大敵ですからおすすめです。

 

爽やかな1日を送るために、早いうちから体をしゃっきりさせることはダイエットにも有益です。

ダイエットでは甘いものを食べることに抵抗がありますが、バナナは適度な甘味があるので嬉しい存在です。

 

数あるダイエットの中でも健康的でストレスの少ないバナナダイエットに挑戦してみませんか。

 

排便や簡単に取れる栄養ならこちらもオススメ!!【一杯61円!?安くて健康になれる青汁の効果と口コミ】

 

バナナダイエットでカロリーコントロール

「カロリーコントロール」の画像検索結果"

 

バナナダイエットは基本的に朝食をバナナにするだけの簡単なダイエット方法なのです。

 

朝食はバナナと水などの飲み物だけ摂って、昼食夕食は普通に摂るという簡単なバナナダイエットですが、カロリーコントロールを忘れずにしましょう。

 

ダイエットを目指すといっても、ダイエットにいい食品の食べ過ぎはよくありません。

 

また、カロリーを減らすためには、食事量を減らすことが唯一ではありません。

 

カロリーの高い食材を低いものに交換することで、見た目も劣らず、満足感が得られるようにしましょう。

イライラは体にも美容にも悪いです。

 

バナナはストレス解消にもいい!?

 

バナナダイエットのメリットに、バナナの成分にストレス軽減してくれるヒスチジンという物質が入っている点があります。

 

ダイエットのストレスを少しでも軽くするために、バナナはきっと役に立ちます。

バナナダイエットでは、できるだけ遅くならない時間に夕食を摂ること、水をまめに飲むことが大事です。

バナナダイエットの方法はこれだけのことなので、誰でも簡単に挑戦することができるダイエットです。

 

朝バナナだけではなく、運動も忘れずにしましょう。

バナナは保存に最適な温度が15度なので、風通しのいい室内で保存しましょう。

 

バナナの弱点は傷みやすいことで、物に接しているとエチレンガスの効果で傷みやすく、バナナハンガーなどで吊しての保存が理想的です。

 

バナナは皮が黒くなってしまっても、中は白いままということが多い果物です。外見だけで見限ってしまわず、皮を剥いてきちんと中を確認してみるといいでしょう。

 

バナナ酢ダイエット

「バナナ酢」の画像検索結果"

バナナを使ったバナナ酢は、雑誌などでも紹介された有名なダイエット方法です。

 

バナナ酢ダイエットの人気はどんなところで、どうやればいいのでしょうか。

 

市販のバナナ酢もありますが、バナナを黒酢に漬け込むことでバナナ酢は作れます。

ダイエット効果抜群の黒酢に栄養価の高いバナナを漬けることで健康にも大変良いお酢ができあがるというわけです。果物の中でもバナナはカリウムが多く、栄養価の高い食べ物です。

 

カリウムには体内の塩分を排出する作用があり、利尿作用でむくみの解消になります。

カリウムはダイエットにとても効果的です。

 

カリウムが脂肪を分解する酵素を活性化させ、間接的に脂肪を分解するからです。

 

また、バナナ酢には便秘の予防にいいペクチンや、糖質分解を助けるアミラーゼも含みます。

 

バナナ酢にはビタミンB6が豊富です。

この栄養素が体内で不足すると皮膚炎や貧血の原因となります。

 

シェイプアップ効果だけでなく、お肌の調子をよくする効果もバナナ酢には期待できます。

日に30mlが目安です。

「バナナ酢の作り方」の画像検索結果"

 

酸味が気になる人は豆乳やヨーグルト、牛乳などに混ぜても美味しくなります。

ダイエットだけでなく、バナナ酢はたくさんいいことがあります。

 

毎日続けることで、ダイエット、美肌、健康など様々な効果が期待できます。

 

ダイエット出来ている実感を感じる事がまず大事

 

とは言っても、なかなか効果の出にくいダイエットです。

 

プロテインだけ飲んでしまって逆に太ってしまうんじゃ・・・

運動は結局続かなくて、時間もないし忙しい。

 

そういう人が多いからこそダイエットの失敗談も多く、その分様々な情報やダイエット法が出来上がるわけです。

 

そんな方には手軽に置き換えダイエットがおススメです。

 

置き換えダイエットも多くのやり方が出回っていますが、無理に置き換える必要はありません。

 

ちょっと小腹が減ってしまった時につい食べがちだったものを、あるモノに置き換えるだけです。

 

これからはそんな小腹がすいた時にそんなあるモノを飲んでみませんか?

 

そんなあるモノ➡「お嬢様酵素Jewelの効果とは!?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です